ファイアーエムブレムシリーズ未プレイ初心者向け どのタイトルからプレイするべき?

ファイアーエムブレムヒーローズがリリースされ、
『ファイアーエムブレムって面白いな。スマホゲー以外にも手を出してみたいけど色々出ているしどれからプレイするべきなのか分からないなぁ……』とシリーズに興味を持った人は少なからずいると思います。

なので初めて触れる人にオススメできるタイトル、またオススメしにくいタイトルをソフト発売時系列順に紹介していきます。

ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣

プラットフォーム:ファミコン、スーパーファミコン、Wii・WiiU(バーチャルコンソール版)、DS(リメイク版)

初心者向け度:★★★☆☆

シリーズ第一作です。
初代はファミコン版なのですが、今となってはファミコン版をプレイする必要はないでしょう。

なのでプレイする場合はスーパーファミコン版(Wiiバーチャルコンソール版)もしくはリメイクされたDS版(WiiUバーチャルコンソール版)となるわけですが、初めてプレイするのであればDS版が良いでしょう。

DS版は旧来のファンからの評価は決して高いものとは言えませんが、スーパーファミコン版から追加・変更要素が多く、初心者向けでありとっつきやすいため、はじめてシリーズに触れるのであれば問題ないと思います。

ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣
任天堂 (2008-08-07)
売り上げランキング: 820

プラットフォーム:ファミコン、Wii・WiiU・New3DS(バーチャルコンソール版)

初心者向け度:★☆☆☆☆

シリーズ2作目であり、暗黒竜と光の剣の後日譚となっています。
前作が未プレイであっても十分楽しめる内容ですが、プレイするのであればやはり暗黒竜と光の剣のプレイ後であることが望ましいでしょう。

このゲーム最大の問題点はファミコン版しか存在していないということでしょう。
2017年となったいまファミコン版をプレイするのはやはり厳しいと思います。
幸い2017年4月20日に『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』というリメイク作が3DS向けに発売される予定なので、興味がある人はこちらを待つべきです。

プラットフォーム:スーパーファミコン、Wii・WiiU・New3DS(バーチャルコンソール版)、DS(リメイク版)

初心者向け度:★★★☆☆

暗黒竜と光の剣の続編です。時系列的には暗黒竜→外伝→紋章となります。
スーパーファミコン版(バーチャルコンソール版)は暗黒竜と光の剣とセットになっているため、お得です。コンソール版なら1000円未満で購入できます。

リメイク版であるDS版は比較的好評であり、新暗黒竜と比べ、うまくリメイクされている印象を受けます。
今からプレイするのであれば新・暗黒竜と併せ、DS版の新・紋章を選ぶべきでしょう。
ですが当時の雰囲気を味わいたい!という人はスーパーファミコン版(バーチャルコンソール版)をどうぞ。

ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~
任天堂 (2010-07-15)
売り上げランキング: 528

プラットフォーム:スーパーファミコン、Wii・WiiU・New3DS(バーチャルコンソール版)

初心者向け度:★★★★☆

シリーズの中でも特に評価の高い作品です。
特に結婚・子世代要素は覚醒やIFにも採用され、ファイアーエムブレムシリーズの一大要素として高い人気を誇っています。

難易度は『てごわいシミュレーション』としては比較的簡単な方で、万人受けするとっつきやすい仕上がりとなっているため、実に初心者向けだと思います。

唯一の問題点としてはリメイクされておらず、オリジナルのスーパーファミコン版(バーチャルコンソール版)をプレイするしかない、という点でしょうか。

もっとも今の時代から見ても非常に美しいドット絵に仕上がっているため、グラフィックに抵抗なくプレイすることができるとは思います。

個人的には初めてシリーズプレイする人に一番オススメしたい一本です。

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜
任天堂 (1996-05-14)
売り上げランキング: 2,819

プラットフォーム:スーパーファミコン、Wii・WiiU・New3DS(バーチャルコンソール版)

初心者向け度:★☆☆☆☆

聖戦の系譜に登場するリーフが主人公なスピンオフ作品です。
なので最大限楽しむためには聖戦の系譜をプレイ済みである必要があります。

トラキア776最大の特徴は、シリーズ屈指の高難易度です。
熟練したエムブレマーであっても苦戦するほど恐ろしい仕上がりとなっており、決して初心者向けとは言えません。

なのでハードコアなファイアーエムブレムファンには間違いなくおすすめできる一本なのですが、初心者向けとは到底いい難いです。
ある程度シリーズ他作品をクリアした後にこのタイトルに触れることをオススメします。

ファイアーエムブレム トラキア776 [WiiUで遊べるスーパーファミコンソフト][オンラインコード]

プラットフォーム:ゲームボーイアドバンス、WiiU(バーチャルコンソール版)

初心者向け度:★★★★☆

プラットフォームを据え置き機から携帯機に移した初のファイアーエムブレムです。ここからはシリーズ産みの親が開発から離れているため、ややテイストの違ったものとなります。
内容としては暗黒竜、紋章を踏襲した作りとなっており、オーソドックスな仕上がりです。

後述する烈火の剣と合わせてシリーズ最高傑作と評する人も多い一本であるため、やや古くさいゲームボーイアドバンスという携帯機に抵抗がない人であればこれを最初にやるという選択肢は良いものだと思います。

システムはシンプルですが、三すくみ、支援会話、救出といった、ファイアーエムブレムを語る上で欠かせない基本となるものが搭載されており、複雑なシステムな他作に挑む前にプレイしておくと捗ること間違いないでしょう。

ファイアーエムブレム 封印の剣
任天堂 (2002-03-29)
売り上げランキング: 1,278

プラットフォーム:ゲームボーイアドバンス、WiiU(バーチャルコンソール版)

初心者向け度:★★★★☆

封印の剣のおよそ20年前が舞台となっている続編で、封印を正統進化させた作品です。
作品単体の評価としては一般的に烈火の剣>封印の剣であり、高い完成度を誇っています。

前作封印の剣をプレイしていなくても十分に楽しめるのですが、どうせなら封印からプレイした方がいいのではないかなと思います。
(時系列的には烈火→封印なのでこちらが先でも全く問題はありませんが)

ファイアーエムブレム 烈火の剣
任天堂 (2003-04-25)
売り上げランキング: 1,616

プラットフォーム:ゲームボーイアドバンス、WiiU(バーチャルコンソール版)

初心者向け度:★★★☆☆

ゲームボーイアドバンス三部作の一つですが、前述した封印や烈火とはストーリー上の繋がりは一切ありません。

聖魔はファイアーエムブレムシリーズの中でも最も簡単と言われており、レベリングが可能であったりととにかく優しいつくりとなっています。

しかしあまりに低難易度すぎるため、ファイアーエムブレムシリーズとしては異色な存在と言えるでしょう。てごわいシミュレーションではありません。
(とはいえユニットが戦死すれば二度と復活することはありませんが……)

ゲームが苦手だけどキャラクターの可愛さ・かっこよさに惹かれたからプレイしてみたい、という人にはオススメですが、ファイアーエムブレムを知るという意味でこれを最初に選ぶことはあまりオススメできないでしょう。

「ファイアーエムブレムの中で一番の駄作ってどれ?」という問に対して「聖魔でしょ」と答えるエムブレマーは多いと思います。

ファイアーエムブレム 聖魔の光石
任天堂 (2004-10-07)
売り上げランキング: 2,244

プラットフォーム:ゲームキューブ

初心者向け度:★★★★☆

久々に据え置き機向けにリリースされたファイアーエムブレムです。
システムとしてはGBA三部作から正統進化しており、とても評判の良い一本です。
難易度も程よく仕上がっており、初心者から古参プレイヤーまで納得できる調整と言えるでしょう。

なのではじめの一本としてオススメしたいのですが、問題はゲームキューブ版しか存在していないということです。
ソフトの値段にプレミアが付いており、入手難度がとにかく高いかと思われます。

入手という壁を乗り越えることができた場合、これを最初のファイアーエムブレムシリーズとすることは良い選択肢と言えるでしょう。

ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡
任天堂 (2005-04-20)
売り上げランキング: 1,556

プラットフォーム:Wii

初心者向け度:★★☆☆☆

蒼炎の軌跡の続編です。
なので前提条件として蒼炎の軌跡をプレイしていることを要求されるため、初心者向けとは言えません。

また今作は育てる楽しみを削がれる構成となっているため、エムブレマーの中では賛否両論……というかハッキリ言って嫌っている人は多いでしょう。

とはいえクソゲーと断言してしまうには惜しい一本。良い点もあるので、蒼炎の軌跡を楽しんだ後にプレイする分にはオススメできます。
蒼炎とは違い、入手することも容易なので……。

ファイアーエムブレム 暁の女神
任天堂 (2007-02-22)
売り上げランキング: 868

プラットフォーム:3DS

初心者向け度:★★★☆☆

据え置き機から再び携帯機に移り、ガラッと雰囲気を変えたファイアーエムブレムです。
時流にあった仕上がりとなっており一見初心者向けなのですが、暗黒竜紋章と世界観を共有しており、また他シリーズのキャラクターが多くゲスト参戦するため、はじめにプレイする一本かと言われると疑問符がついてしまいます。

とはいえ現役で使用している人の多い3DSというプラットフォームでプレイできますし、廉価版も発売されているため、入手・プレイ機会としては◎。
難易度もかなり抑えられているため、とりあえずファイアーエムブレムに触れてみたい人には向いている一本なのではないでしょうか。

ファイアーエムブレムシリーズはスーパーファミコン時代(トラキアまで)、GBA三部作&蒼炎暁、覚醒以降でファン層が分かれている感があり、特に覚醒以降は別物感があるため、人によってどの時代のものが好きかは変わってくると思います。

ハッピープライスセレクション ファイアーエムブレム 覚醒 - 3DS
任天堂 (2016-09-15)
売り上げランキング: 270

プラットフォーム:3DS

初心者向け度:★★★★☆

一言でifと言ってもポケモンのようにバージョン違いがあり、白夜王国、暗夜王国、透魔王国の三作に分かれています。透魔はどちらかもしくは両方のバージョンをクリアした後の第三ルート的な位置づけのため、まずは白夜or暗夜王国を購入することになります。

白夜は低難易度・シリーズ未経験者向け、暗夜は高難易度、シリーズ経験者向け、となっているので、はじめにプレイするのであれば白夜かなぁ……と思います。

もっとも暗夜であっても難易度を下げてプレイすることが可能なため、問題はないかと思います。暗夜のほうが確実にマップ作成や敵のスキル設定に手間をかけているなというのがプレイしていると伝わってきます。

白夜・暗夜どちらにせよ初めてプレイするファイアーエムブレムとしては悪くない選択肢だと思うのですが、一つだけ言えることはストーリーがシリーズ中最悪だということです。

なのでストーリーに重きを置いていないプレイヤーであれば、ifをはじめの一本に選ぶことは良い選択肢だと思います。

ファイアーエムブレムif 白夜王国 - 3DS
任天堂 (2015-06-25)
売り上げランキング: 373

どのタイトルにも癖があり一概に「これが最初にオススメ!」と言える一本はありませんが、

ファイアーエムブレム産みの親が作った作品をプレイしたい→聖戦の系譜
ドット絵が好き、やや古い作品でも良い→封印の剣、烈火の剣
据え置き機で遊びたい→蒼炎の軌跡
なるべく新しいものを遊びたい→if

が個人的推奨となります。
やはり作品ごとに優劣こそ意識してしまいますが、ファイアーエムブレムシリーズはどれも面白く、一度は遊んで欲しいシリーズ。
深く考えず、直感でこれが面白そう!と思ったものをプレイしてみることをオススメします!

スポンサーリンク
1
1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
1

コメント

  1. 匿名 より:

    流石に聖戦が☆4なのは主観が入りすぎでは?
    聖戦はシナリオはかなり良いと思うのですが、シリーズ内でも異質なシステム(広大マップ、章の長さ、個人資産、スキル追撃など)なのでシリーズ初プレイの方に勧めるのは少し違うかなと思います
    あと、初心者向けの記事なのに低難易度の聖魔がオススメされないのは何故でしょう?
    ゲーム内にチュートリアルのようなものもあり、ボリュームが多くなく、難易度が低いというのはかなり初心者向けに思えます
    それにFE未プレイ層にはキャラクターは魅力的だと思うけれど「手強いシミュレーション」は取っ付き難いという方は多いですし、キャラクターが魅力的な聖魔はピッタリかと
    これがファイアーエムブレムを知るという意味でオススメできないのであれば異質である聖戦がオススメされる理由がわかりません
    実際その問題を解決した覚醒は新規を大量獲得したのですから覚醒が☆3なのも謎ですね
    投稿者さんのFEを愛する気持ちはたっぷりと伝わりますが所謂エムブレマーと未プレイの初心者が求めるものって違うと思うんですよね…
    従来の加賀時代のような作品を出せばエムブレマーにとって満足できる作品になるかもしれませんが新規は獲得できません
    逆に覚醒のような作品では新規は獲得なきましたがエムブレマーが納得できるような作品ではなかったと思います
    まあそこら辺がFEシリーズの難しい課題ですね…

    • 管理人 より:

      長文コメントありがとうございます。
      極力客観的な意見となるよう努力はしているものの、私の記事にある程度主観が混じってしまっているのはその通りだと思いますし、あなたの意見は非常に納得できるものだと思います。

      確かに聖魔はキャラクターは魅力的ですし、難易度が低くとっつきやすいです。
      ただ、一般的な意見としてシリーズの中で最も微妙な作品とみなされていることは間違いないでしょう。
      初心者向けの作品であることも間違いないのですが、だからといって完成度が低めのものを薦めるのはどうかなぁ、というのが私の考えです。

      個人的に聖戦をオススメしているのは最も完成度が高いFEだと考えているからです。
      唯一毎ターンセーブすることが可能な作品であり難易度も低めなため、初心者でも安心してプレイすることができるでしょう。
      確かにシステムはシリーズの中で異質なため、ファイアーエムブレムを知るという意味では最適ではないのかもしれません。
      が、面白いシリーズであることを知ってもらうためには聖魔より聖戦のほうが適任なのではないかなと考えています。
      面白ければ自然とシリーズにハマれるでしょうから、個人的に最も面白いと考えているこの聖戦を☆4としました。

      覚醒は売上的には絶好調で、新期ファンを獲得しまくった傑作だと思います。
      ただ戦闘面のバランスがお世辞にも良いとはいえませんし、暗黒竜紋章未経験ですと「マルスって誰?チキって誰?」となるでしょうから、覚醒を勧めるのであればifを勧めるべきなのではないかなぁ、と思っています。

  2. 匿名 より:

    聖戦の系譜が簡単だというのは慣れた人。初めての人は三すくみ理解してないから序章の戦士軍団で半分キャラクター死んで、最初のミディールが倒れてる城でシグルド死んで「ツマンネ」と放り出すぞ。