ヴェスタリアサーガ 私的ユニット評価

※あくまで私的な評価です。
プレイヤーが違えば同じユニットでも評価が違ってくるのは当たり前。
自分のお気に入りユニットに愛を注ぎ、活躍させるのが一番正しい遊び方だと思います。
通常難易度をプレイしての評価なので、救済だとまた違った評価になるかもしれません。
評価=純粋な戦闘力の評価
育成必須度=育てる必要性。代替が効かないユニットほど★数を増やしています。

名前 登場章 クラス 解説 評価 育成必須度
ゼイド 序章 ロード→
ハイロード

主人公。
能力はバランスよく成長する。
派手さこそ無いが安定して強い。ここぞという場面で専用武器のロードアラル☆を使おう。

★★★★★ ★★★★★
アトル 序章 メレダプリンセス 

ヒロイン。いわゆる回復枠。
ステータスは魔力と魔防力に特化している。
貴重な回復役のため活躍機会は多いが、出撃不可マップもある。

★★★★ ★★
トロイ 序章  ナイト→
パラディン 
初期騎兵。そして最強の騎兵でもある。
専用武器を持たないものの、ステータスの伸びはすさまじく、最初から最後まで第一線を駆けまわることができる。
★★★★★  ★★★★
ボナセル 序章 ガードナイト→
アーマーナイト
初期Lv7キャラながら非常によく育つ。単体で考えればプロディよりこちらが優秀。
硬くて強いが、その遅さが命取りとなるマップ多し。
★★★★ ★★
プロディ  序章  ガードナイト→
アーマーナイト
ボナセルと比較するとスキルの隣接護衛が優秀。味方との連携を考えるのであればこちらに軍配が上がる。 ★★★ ★★★
デューン 1章  ハンター→
スナイパー 
よく育つ弓兵。
後半には活躍を余儀なくされる。
そのため育成が必須。
育てなかった場合は詰むかも……
★★★★ ★★★★
ジャン 1章 アクスファイター→ジャイアント→アクスマスター  HPと力が非常によく伸びる。
がそれ以外が伸びにくく、特に技や速さの成長率が低いので活躍させることは難しい。 
パッチ1.03でやや救済されたか?
★★
アッシュ  1章  アクスファイター→アクスマスター ジャンと比べるとHPや力に劣るが、それ以外もしっかり育つ。
斧兵だが技・速さが普通に伸びるため、活躍機会は多い。
15LVになると薬草を摘んでくることがあるのも嬉しい。
★★★★ ★★
メルディ  2章 ナイト→
パラディン 
初期値の低い騎兵。
特筆すべきはその魔力の高さ。魔法の武器を持たせることで大活躍が期待できる。
がそれ以外の場面ではトロイのほうが優れていると言えるだろう。
★★★ ★★
シーゼル 3章  ウエスタマージ→
ハイマージ

強力な魔法ユニット。
今作では魔法に各種特攻がついており、使い分けることによりどんな敵でも対処できる。
防御力の高いユニットを突破するときの切り札的存在。 
終盤はイベントの都合上出撃を余儀なくされる。

★★★★ ★★★★
チェザル  3章  シーフ→
トレジャーハンター
鍵開け要因。
ユニットとしての戦闘力は非常に低い。その上今作には鍵開け要因は複数存在する。
アトルにチェザルの稼ぎを貢ぐ事ができるので戦略的価値あり。
クラスチェンジすると値切りスキルを獲得するため、早期にクラスチェンジさせるのも手か。
シーラ  3章  ハンター→
スナイパー
普通に育つ弓ユニット。デューンと比べると魔力に勝る。
だが出撃機会・イベント的にデューンと比べると優先度がガクッと下がってしまう。
★★★
ザイード  3章  グラディエーター 初めて加入する初期上級職ユニット。 序盤こそ非常に強力だが、やはり後半は見劣りしてしまう。とは言え最後まで一線で戦うことのできるステータスを持っている。 ★★★
ハルディア 4章 ソードファイター→ソードマスター

全体的にステータスがバランスよく伸び、特に技と速さの成長率・上限値が非常に優秀。
崖上の敵排除や回避の高いアサシン狩りなど活躍機会は多い。
専用武器がないのが難点か。

★★★★ ★★
ルビナ 5章 イーグルライダー→
ファルコンナイト
初期値は低いがよく育つ飛兵。
特に幸運値でエイルに大きく勝る。飛兵が育っているかいないかで難易度が大きく変わるマップが多いため、育成推奨。
★★★ ★★★★
エイル 5章 イーグルライダー→
ファルコンナイト
ルビナと比べると初期値が高く、育てやすい。
どちらを育てるかで言えば好みだと思うが、両方育てておくと戦略の幅が広がる。
★★★ ★★★★
リリア 6章 プリースト→
ハイプリースト
貴重な回復役。今作は回復役は全員使うことが前提のバランスだと思われる。
クラスチェンジをすれば光魔法を扱えるため、攻撃面でも貢献してくれる。
出撃させているだけで薬草を摘んできてくれることがあるのが地味に美味しい。売ってよし使ってよしである。
★★★★ ★★★★
アコルト 7章 スフィアマージ→
ハイマージ
同じくマージのシーゼルと比べると魔力に勝るがHPに劣る。暗黒魔法を使えるため、ニーマの魔導書を持たせると大活躍してくれる。ニーマがなければシーゼルに軍配が上がるか。 ★★★★ ★★
ホエルン 8章 グラスランナー→
(マラカン)
クラスチェンジでレベルリセットがかからないため、育たない。
戦力的には非常に低いが出撃機会は非常に多い。
終盤は大人しく支援や鍵開けで貢献しよう。
アイネリア 8章 ソードダンサー 初期上級職。専用武器のアルシオネ☆を使わせると非常に強いが、それ以外では火力不足に悩まされがち。
活躍機会はそれなりにあるが、登場段階で完成していると言えばしているため育成する必要は……?
★★
シルティン 9章 レンジャー→
マラカン
ヴェスタリアサーガ第二の主人公とも言える存在。初期値は低めだが成長率は高く、強制出撃マップも多い。様々なイベントに絡んでくるため、優先して育てておくべきユニット。 ★★★★ ★★★★★
エルヴァ 10章 スピアナイト→
ランスナイト
特攻解除スキルを持つ槍騎兵。
よく成長するが専用武器を持たない地味なユニット。
とはいえ活躍機会は多く、育てれば必ず期待に答えてくれるだろう。
★★★
マーヤ 11章 イーグルライダー→
ファルコンナイト
初期値が非常に低く、上昇率はそこそこ。戦力としては非常に微妙なユニット。だが彼女の真髄は値切りスキルにある。彼女しか飛兵が出撃できないマップもいくつか存在するため、育てておいて損はない。確率発動だが再行動スキルも便利。 ★★ ★★★★
リティア 12章 スウィートバード 激励スキルが使える魔法使い。
クラスチェンジできないためステータスは低め。だが再行動スキルに加えて専用武器のリップウィップ☆を持つため必ず誰もが使用するであろうユニット。
★★ ★★★★★
タリス 12章 サーヴァント 修理スキルが光る特殊ユニット。
1番上に所持しているアイテムを修理するため、武器を持たせると貴重品の修理ができない。
そのため普通に戦わせるor修理に徹するかを選択することになる。各ユニットの専用武器修理役推奨。
ヘルム  12章 ヴレイブナイト 初期値はそこそこ優秀だがステータスの伸びは悪い。が強力な武器である大剣を装備できるため、第一線で戦うことができる。似たような初期上級職であるジャムランより優秀か。 ★★
ヒルダ  12章 アクスファイター→アクスマスター バランスよく伸びる斧兵。
専用武器のユーステティア☆は闇ユニットに対して特攻であるため、後半活躍機会は多い。育成機会にあまり恵まれないため、使うのであれば優先的に経験値を割り当てたい。
★★★★ ★★
リンカ  12章 ジニーフ 専用武器のリンカトラス☆が非常に強力。専用武器の中でも最強クラス。しかし熟練度が低く、これ以外はまともな武器が扱えない。育てるのであればリンカトラスにシュリの魔石を使うといいだろう。 ★★★ ★★
ジークフリード  12章 ハイプリースト 光魔法を扱う上級魔法ユニット。貴重な回復役その3。可もなく不可もないステータスだが、ホルマリンクルの杖や回復役として必須となるユニット。とはいえ育成する必要はあまりないか。 ★★★ ★★★
ネーラ 12章 ナースフェリア 貴重な回復役その4。
弓騎兵でありながら杖が使える。こう書くと非常に強そうだが、ステータスがあまりにお粗末。基本的には弓を撃たせず大人しく杖を振らせることをオススメする。
しかし魔力は低い。杖を振っていれば嫌でもレベルは上がる。
★★
ジャムラン 12章 アクスヴレイブ ヘルムの斧騎兵版ユニット。
斧は全体的に命中率が低いため、やや低めのステータスが仇となりヘルムほどの活躍は期待できない。とはいえ貴重な騎兵であるため彼に頼るべき場面はそれなりにある。
スライン 14章 ボウシューター 長弓を使える弓兵。
敵の射程外から一方的に殴れるため、非常に強力。
ステータスの伸びも悪くなく、特に力はよく伸びる。
彼がいなければ攻略できないマップなどはないが、オンリーワンの存在として活躍が期待できる。
ただし移動速度は最低クラスの4
★★★ ★★★
エダル 17章 ドラゴンマスター 本作唯一の竜騎士。とにかく強い。
彼の加入章である17章は彼無しではクリアできない。
使っているうちに気づけばレベルカンストに近づいているはず。
★★★★★ ★★★★

攻略日記まとめに戻る

スポンサーリンク
1
1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
1